闘病

【吃音症】ってどんな病気なの??

 

こんにちは!かずきです!

 

皆さんは「吃音症」をご存知ですか?

吃音症は世間の認知度が低いので

おそらくほとんどの方が

知らないと思います。

 

今回は吃音症とは何か?

また吃音症の種類についてお話していきます。

 

最後まで見ていただけたら嬉しいです\( ˆoˆ )/

 

 

吃音症とは

音症とは・・・

「言葉が円滑に話せない障害」

のことをいいます。

 

通常の人は、スラスラと言葉を話すことができますが

吃音症の人は、のどに蓋がされたように声が出なくなる時があります。

 

分かりやすく例えるなら

息を完全に吐き切った状態で

息を吸わずに言葉を吐き出そうとしている感じですね。

当然、声を出せるはずもないですよね。

 

吃音者はその感覚をかなりの頻度で体験しているわけです。

ちなみに僕が今話したのは、吃音症の難発性と呼ばれるものです。

 

吃音症にも種類があり、その種類によって症状が異なります。

 

続いて、吃音症の種類についてお話します。

 

 

吃音症の種類

吃音症には3種類の症状があります。

 

①連発性

「おおおお、おはよう」のように一文字目の音を連続して発する症状です。

連発性が最も周囲に吃音であることを知られやすいですね。

 

2.伸発性

「おーーはよう」のように一文字目を引き伸ばす症状です。

 

3.難発性

「・・・・・・おはよう」のように一文字目の言葉に詰まって声が出ない症状です。

難発性の特徴は、最初の言葉さえ出せれば、後はスラスラと話すことができます。

難発性は周囲に吃音であることを知られにくいです。

質問されて返答に時間がかかっても、この人は頭でしっかり考えてから答えてくれているんだなと、むしろプラスに思われる場合もあります。

 

ちなみに僕はこの難発性の吃音です。

 

学生時代に比べれば、今はだいぶ症状が和らいできました。

学生時代は、授業で音読をする際に言葉に詰まって、簡単な文字なのに読めないと思われたり、クラスメイトから笑われることがありました。

友人と会話をする際も、言いにくい言葉があったら別の言葉に言い換えたり、身体を揺らしたりなどして話をするようにしていました。

少しでも話しやすくするために工夫が必要で、その工夫は人によってそれぞれ異なります。

 

 

吃音症の原因

吃音症の原因については未だ解明されていないことが多いです。

遺伝子に何らかの異常があり、脳の神経経路に原因があると言われていますが、それも定かな情報ではありません。

 

吃音症の治療法についても確立されていないので、病院へ行ってもまともな処置は期待できないでしょう。

 

僕は成長と共に症状が和らいでいます。

年数が経てば良くなる人もいるし、変わらない人もいます。

また、日によって症状の良し悪しが変わるので

「今日はダメな日だな」って感じる時もあります。

 

 

吃音症による弊害

吃音症は

学校ではいじめの対象になりやすかったり

また精神疾患を伴ったりと

様々な弊害が生じる可能性があります。

 

周囲の理解なくして生きるのは難しいです。

しかし周囲に吃音であることを伝えるのも

非常に勇気がいることで難しいです。

 

僕は周囲に伝えるのが嫌で

中学生の頃からずっと、吃音であることを隠しながら生きてきました。

 

25歳になった現在は

吃音があまり気にならなくなるくらいまで症状が改善されてきています。

 

 

●公式LINEはこちら

LINE ID→@028ojsvh

スマホの方はワンタップで追加できます(^^)

パソコンの方はQRコードを読み取って追加できます(^^)