人生観・マインド

前に進みたいなら変化を恐れないこと

 

変化とは字のごとく

変わって化ける。

 

僕は社会人になってから、この変化を求めて生きていました。

 

変化を求める人と変化を求めない人の差は

現状への不満があるか?

変化に対する恐怖心があるか?

 

この2つが肝になってきます。

 

 

今回はなぜ僕が変化を求めて生きているのか?

変化することに対して恐怖心はないのか?

そんなお話になります。

 

最後まで見ていただけたら嬉しいです。

 

 

変化を求めて生きる理由

僕が変化を求める理由

それを一言でいうとするなら

現状に不満があるからです。

 

例えば現状にとても満足していて

今がとっても幸せだったら変化を求める必要はないですよね?

今が一番、最高な状態なんですから。

 

つまり、変化を求めて生きている人というのは、現状に満足していないからです。

生活や日常のどこかに不満があるんです。

 

 

僕は学生時代の頃から、現状に不満がありました。

何に対する不満か?

 

それは生きづらいこの社会に対しての不満です。

学生の頃から抱えていた不満が社会人になってからさらに加速して

本当に生きづらい世の中だと感じるようになりました。

 

何がそんなに生きづらいのか?

僕は現在、社交不安症という病気で

周囲の視線を過度に気にしてしまいます。

 

また周囲の視線を気にしすぎることで

手足の震えや発汗を伴い

周囲の視線を浴びることが多い集団生活が苦痛です。

 

現在の社会では

学校や会社など、集団生活を強いられる場面が非常に多いですよね。

 

僕にとっては、それが生きづらさに繋がっています。

 

 

変化が怖い??

現状に不満はあるけど

変化ってリスクがあるから怖いという人がいますが

僕にはあまり理解できません。

 

現状に不満があるなら変わる努力をしないと

一生不満のままの人生を送ることになってしまいます。

 

それでもいいなら別にいいですが

それでもいいという人の考えが僕には理解できないという話です。

 

僕は一生不満を抱え続ける人生なんてごめんです。

 

もちろん変化というものにはリスクがつきもので

変化する過程で失敗することだって当然あります。

 

でも別に失敗したっていいじゃないですか。

今までだってたくさん失敗してきているんだから。

失敗ゼロを目指しているわけではないでしょ?

 

1回や2回の失敗なんて人生のうちで

ほんの些細なことだと僕は思います。

 

失敗しない人生なんてつまらないし

失敗があるから成功があるんです。

 

成功している人間というのは

失敗を多くしている人間です。

 

今たくさん失敗するのか?

それとも将来たくさん失敗するのか?

 

僕は今たくさん失敗して、将来成功し

将来、失敗の少ない人生を送りたいです。

 

 

変化を恐れず、失敗を恐れず

一度きりの人生を楽しみませんか?

 

 

●公式LINEはこちら

LINE ID→@028ojsvh

スマホの方はワンタップで追加できます(^^)

パソコンの方はQRコードを読み取って追加できます(^^)

友だち追加